シーダブルシステム
Clean World 自然と人のバランスを考える。
< クサギカメムシ >
■大きさ 16mm位
■体 色 茶褐色で、黄褐色の細かい斑点がある。
■分 布 本州、四国、九州、人目に最も多くふれられるカメムシの代表。
■生息地 山地、林、クワ畑、果樹園
■餌 クワ、クサギ、ウメ、モモ、ナシ、リンゴ、ヒノキ
■特 長 家屋の周辺で見られる時期、4月と9月の年2回。屋内に集団で入り込んで越冬するカメムシのナンバーワン。強烈な悪臭を発する。
集団は、数千〜数万匹に達することもある。(カメムシの大部分は、集合フェロモンで仲間を集める習性を持つ。)
< スコットカメムシ >
■大きさ 9mm位
■体 色 黒褐色、金属のような艶がある。羽が、腹端からつきでてる。
■分 布 北海道、本州、四国、九州。
特に北海道、東北、中部の高地に多く見られる。
■生息地 山地、林(白樺林にも多く見られることがある。)
■餌 ヒノキ、ヤマクワ、マメ科の植物
■特 長 家屋の周辺で見られる時期、5月と10月〜12月の年2回。北海道では、9月から見られる。屋内に、集団で入り込んで越冬するカメムシのナンバーツー。柑橘類の匂いにも似た酸性の臭いを発する。冬の天候が良く暖かい日、雪の上で見ることもある。
< マルカメムシ >
■大きさ 5〜6mm位
■体 色 艶のある暗褐色。小楯板は大きく、腹部全体に覆っている。体形は、名前の通り球体に近い。
■分 布 本州、四国、九州、特に九州地方に多く見られる。近年、関東の都市近郊にも多く見られる様になった。
■生息地 林、野原
■餌 クズ、ヤマフジ、マメ科の植物
■特 長 家屋の周辺で見られる時期、4月と10月の年2回。九州では、5月〜6月にも多く見られる。屋内に集団で入り込んで越冬するカメムシのナンバースリー。体は小さいが、臭いは強い。常に、密集している事が多いので刺激すると一斉に臭いを出すので強烈。
< チャバネアオカメムシ >
■大きさ 11mm位
■体 色 黄緑色で、羽は暗褐色。
■分 布 北海道、本州、四国、九州
■生息地 林、野原
■餌 クワ、ミズキ、サクラ、ミカン、カキ、スギ
■特 長 家屋の周辺で見られる時期、3月〜4月と8月〜9月の年2回。越冬の為、屋内に侵入するカメムシで一般に一番良く知られている、クサギカメムシを見かける様になる1ヶ月前位に越冬し始める。
< オオトビサシガメ >
■大きさ 20〜27mm位
■体 色 体色 全身が茶褐色。
■分 布 本州、四国、九州
■生息地 山地、林
■餌 小昆虫の体液
■特 長 家屋の周辺で見られる時期、4月と10月〜11月の年2回。体が大きい為、家屋の中に侵入する事は少ないが、サッシの枠の中や外壁材の隙間の中で集団越冬する。口吻が鋭く、刺されると激しく痛む。クサギカメムシと一緒に見かけることが多い。
カメムシ(カメ虫)・クモ・ムカデ駆除のトップカンパニー
(株)シーダブルシステム 〒950-3321新潟県新潟市北区嘉山2丁目1-2 TEL 025-387-2738 FAX 025-388-9073