シーダブルシステム
Clean World 自然と人のバランスを考える。
予防方法
クモを良く見かける場所や屋内への侵入口に忌避剤をかけておけばクモが嫌がってその場所へは近よらなくなります。(既にクモの巣がある場合は巣を除去して下さい。)
駆除方法
屋内に大量発生した場合は薫煙処理します。屋外性のクモに対しては発生源が広く直接駆除をするのは難しいので事前に忌避剤を屋内への侵入口にかけて侵入を防ぐのが効果的です。
また、クモを見つけた場合は直接駆除剤をかけ駆除します。
※クモは殺虫剤をかけても数十分から数時間生き続ける事があります。ご注意下さい。
徹底的に駆除したい場合はこちらまでご相談下さい。
のびーる竿がグルグル高速回転!クモの巣をあっという間に巻き取る、クモの巣クリーナーを販売しております。
クモの被害
ほとんどのクモに牙と毒腺があるが実際に人にクモ咬症の被害を及ぼす種はごく限られています。日本で問題になる主な種はセアカゴケグモとカバキコマチグモが挙げられます。セアカゴケグモに咬まれた場合は毒性が強くショック死する場合もあるので注意が必要です。すぐに病院に行き血清治療をして下さい。カバキコマチグモも毒性は強く咬まれた場合は激しい痛みや発赤、発熱などの症状が出ますが今のところ死亡例は無いようです。
クモの生態
クモはダニやサソリ等の仲間で蛛形網に属します。世界中では30,000種類以上、日本国内でも1,000種類以上が知られています。クモ類は羽や触角がなく頭部と胸部が分かれておらず脚が4対あることなど昆虫とは異なる形態を持っています。全ての種類が捕食性で網を張る造網型と網を張らずに歩き回る徘徊型に分けられます。ただ徘徊型も卵塊をくるんだり隠れ家を作るのに糸を利用しますので糸を出さない訳ではありません。
セアカゴケグモ・・成熟したメスの体長は0.7〜1cm。体全体は黒色で腹部背面に赤色の縦条がある。オスは4〜5mm程度で腹部背面は灰白色で中央に縁取りのある白い斑点がある。日当たりの良い広い場所のコンクリート建造物、くぼみや穴、側溝、駐車場、墓石、空き缶の中などあらゆる所に生息します。
カバキコマチグモ・・成体は10〜15mm、体は淡黄褐色で頭胸部は褐色。メスは4〜5月頃にススキなどの葉の幅の広いイネ科植物のの葉を折り曲げ産室を作る。この際にメスを求めるオスが偶発的に家屋内へ侵入し咬症を引き起こすことがあります。被害時期は5〜8月にみられ6月が最も多い。
カメムシ(カメ虫)・クモ・ムカデ駆除のトップカンパニー
(株)シーダブルシステム 〒950-3321新潟県新潟市北区嘉山2丁目1-2 TEL 025-387-2738 FAX 025-388-9073