シーダブルシステム
Clean World 自然と人のバランスを考える。
防法「ねずみ駆除の前にまずは環境を改善しましょう。」
環境改善  ねずみの住みにくい環境作りをしましょう。
1.エサをなくす
生ゴミの管理を徹底し油かすなど、ネズミの好むエサを排除する。ペットフードもネズミのエ
サになります。また、毒エサを使用する場合にも他においしい食べ物があるとネズミは毒エサに は興味を持ちません。食べ慣れた物を食べる習慣もあるので日頃からエサになるような 食べ物は排除する様に心がけましょう。
2.侵入口をなくす
通気口、壁の隙間、エアコン、水道管、電線などの導入部、配水管とネズミはちょっとした隙間 からでも侵入してきます。また、ネズミは1〜2センチの隙間でもかじって広げ出入口とします。出来れば 金属製のもので隙間を塞ぎます。
3.巣を作らせない
ネズミは子育ての為に巣を作ります。巣の材料としては、ティッシュペーパー、ぼろ布、   
断熱材 新聞紙、ワラなどが利用される事が多いです。ネズミが巣を作りそうな場所(屋根裏、地下室 植え込み)などの整理整頓を徹底し、ネズミが住みにくい環境を作ることが大切です。
駆除法「薬剤・捕獲器等を使って退治します。」
●方法1:捕獲器・粘着シートで捕獲する。
●方法2:毒エサを使って駆除する。
●方法3:忌避剤を使い、ねずみに出ていってもらう。
●方法4:捕獲、駆除した後は侵入口をふさぐ
●方法5:シーダブルシステムに駆除を依頼する。
◎事前調査
視察:ネズミの通路や餌場となりそうな場所、糞、かじり跡、足跡、こすり跡等を調査します。
喫食性調査:できるだけ広い範囲で数種類の無毒餌を配置し、どの場所でどの餌が好まれるかを調べます。
◎処理
粘着板の場合:ネズミの通り道、出入り口に何枚も並べて設置します。
毒餌の場合:事前調査によりネズミによる無毒餌の喫職が確認された場所を中心に毒餌を配置します。
この際、ネズミが好んで喫食した無毒餌に混入すると効果的です。適宜補充し、喫食されなくなるまで配置を続けます。
忌避剤の場合:屋根裏や床下にいる場合はネズミの出入り口の反対側から忌避剤をスプレーします。
この際出入り口付近に粘着板を設置しておけば逃げ出そうとするネズミを捕まえやすくなります。
防鼠ブラシ・忌避パテの場合:ネズミがいなくなったのを確認して穴を塞ぎます。ネズミが中にいるうちに塞いでしまうとネズミが中で暴れますのでご注意。
◎効果判定。(前後の調査でどれだけネズミが駆除できたか分かります)
処理前後に以下の方法によりネズミの生息状況を調査します。
捕獲:捕鼠器やトラップを用いてネズミを捕獲・駆除し、生息状況を調査します。
無毒餌喫食調査:無毒餌を配置し、その減少量から生息状況を調査します。
足跡調査:床面に無毒の粉をまいておき、その上についた足跡から生息調査をします。
ねずみの被害
厨房や天井裏を走り回るネズミは不快なだけでなくウィルスやイエダニを媒介します。またオフィスビルでは床下の配線をかじって様々な被害をもたらします。
●ねずみの侵入口
 
●ねずみの生態
ドブネズミ クマネズミ ハツカネズミ
外観
性格
大型 体長20〜25cm
獰猛
大型 体長15〜20cm
臆病・警戒心が強い
学習能力が高い
小型 体長5〜10cmおとなしい
食性
主に動物性の食物を食べる 主に植物性の食物を食べる 主に植物性の食物を食べる
生息
場所
地下室・下水溝
ビルの低層階
水まわり
天井裏・屋根裏
ビルの高層階
農村
港湾地区
倉庫
運動
能力
泳ぎが得意行動は
平面的
立体的に行動
電線を渡ったりジャンプする能力が高い
小型の為わずかな隙間からでも侵入
営巣
ビル周辺の植え込み
土の中
下水溝など
屋内 屋内
●ねずみの見分け方
カメムシ(カメ虫)・クモ・ムカデ駆除のトップカンパニー
(株)シーダブルシステム 〒950-3321新潟県新潟市北区嘉山2丁目1-2 TEL 025-387-2738 FAX 025-388-9073