シーダブルシステム
Clean World 自然と人のバランスを考える。
家を建てる時にはコンクリートの布基礎の換気口を外周だけでなく内部(特に水廻り)にも開け、風通しが良くなるようになるべく対面に開けましょう。また、土台だけでもヒノキやヒバなど耐久性の強い樹の心材を使うか防蟻処理した木材を使用すればシロアリ予防には有効です。
床下や天井裏などは風通しを良くし湿気がたまらない様に工夫して下さい。床下の木片などもシロアリに狙われる一因です。床下はきれいに掃除しておきましょう。
ウッドデッキや薬剤未処理の木材に木材防虫防腐剤を塗布するのも効果的です。
シロアリを見つけたら巣を見つけ完全に除去してから薬剤で処理するか直接薬剤で処理します。最近は毒エサ剤を使った駆除方法も増えて来ている様ですが、いずれにしてもシロアリ駆除は非常に難しい作業ですので、駆除を依頼したい場合はこちらまでご相談下さい。
主に木材を食害して建物の強度や寿命を脅かします。
シロアリ被害の見つけ方
1.羽アリが発生した。
ヤマトシロアリは4〜5月の昼間、イエシロアリは6〜7月の夜間、風呂場やキッチン廻りの水場付近から群れとなって発生します。羽アリが飛び立っても一部が分巣で出ているだけなので大多数のシロアリは残っています。
2.蟻道・蟻土
食害している木材の割目などに土を詰めたり、盛り上げたりしています。布基礎や束石や梁など
にも蟻道がないか確認しましょう。
3.食痕・空洞を探す。
シロアリは木材内部を食害し表面からは見えません。木材をドライバーなどで叩いてみたり空洞化しているようならその場所をほじくってみます。
4.建物の回りにある杭や廃木材なども確認.
建物の回りにある杭や廃木材などが被害に遭っていれば建物への被害も考えられます。
※シロアリとアリの羽アリを見間違えない様に注意してください。
日本のシロアリで被害が多いのはイエシロアリとヤマトシロアリです。
ヤマトシロアリは全国的に分布していますがイエシロアリは主に中部地方以西の太平洋側、四国、九州の全域に生息します。女王アリを筆頭に兵隊アリ、働きアリに分かれ巣(コロニー)を作っています。
ヤマトシロアリは4〜5月、イエシロアリは6〜7月に分巣の為に一部が羽アリとなり飛び立つ際に被害に気がつくことが多いようです。また、最近では日本国内でもアメリカカンザイシロアリが発見され今後、被害の拡大が懸念されています。
イエシロアリとヤマトシロアリの違い
イエシロアリ
ヤマトシロアリ
分  布
九州・四国の沿岸部・西日本の太平洋側沿岸地域 北海道北部を除く日本全国
生息場所
側溝、給排水管付近や切り株等 流し台や風呂場など水回り付近の床下。
食  害
水を運ぶ能力があり木材を湿らせながら蟻道を作り食害していく。食害は床下から屋根裏までに及ぶ。 水を運ぶ能力がないので常に湿った木材に生息する。湿度の高い梅雨前後に被害が多い。
コロニー
王室を中心にして多数の小部屋を持つ同心円状の巣を作る。巣は地中に作り大きな群れで定住し、女王は移動しない。群れの数は50万〜100万匹。 特に巣を作り群れることはなく食害を続ける。小集団ごとで移動し女王も移動する。群れの数は1万〜3万匹程度。
羽アリ
6、7月頃の夕方から夜間にかけ数千〜数万匹が群飛する。明かりによる習性があり多くは灯に集まる。体長は6.5〜8.5ミリ。卵型で頭部は褐色で体は橙黄色、羽は淡黄色で透明。 4〜5月頃の昼前にコロニー内の数%がいっせいに群飛する。昼間に活動するので特に明かりに集まることはない。体長は4.5〜7.5ミリ。頭部は黒褐色で体は黄色、羽は暗褐色。
資料/(社)日本しろあり対策協会「?吉田製油所カタログ」

女王・王:分巣した羽アリの雌雄がカップルになり新たな巣を作り女王と王になります。交尾・産卵によって子孫を増やし、その集団を繁栄させるのが任務です。ひとつの巣のシロアリは全て女王と王の子供です。女王の腹部は産卵につれて伸張肥大して、ヤマトシロアリでは体長10数ミリ、イエシロアリでは40ミリにも達します。10〜15年の生涯で100万個以上の卵を産みます。
副女王・副王:女王や王が死んだり、傷ついた場合に代わりを務めます。ひとつの巣に10対程度兵アリ:外的からの防衛にあたる階級で、突出したはさみ状の大顎や堅固で大きな頭部、それに頭部先端から放出する防御物質などを武器に外敵と戦います。コロニー内の7〜8%程度を占めています。
働きアリ:最も個体数の多い階級で全体の90%以上を占めます。巣や蟻道をつくったり、修理・清掃をするほか餌の採取、運搬、育児、他階級への給餌などシロアリ社会のあらゆる労務を受け持っています。
カメムシ(カメ虫)・クモ・ムカデ駆除のトップカンパニー
(株)シーダブルシステム 〒950-3321新潟県新潟市北区嘉山2丁目1-2 TEL 025-387-2738 FAX 025-388-9073